MENU 閉じる
リーグ参戦はこちら
ルール RULE
ルール
※横にスクロールできます。
競技種⽬ ソサイチ サッカー
ピッチサイズ 幅30m~40m×長さ50m~60mを原則とする 幅68m×長さ105m
ピッチ表⾯ ⼈⼯芝、芝
ゴールサイズ 2.2m×5m (ジュニアサッカーゴールを利用) 2.44m×7.32m
ボール 5号球 ソサイチボール (空気圧は0.6気圧とする) 5号球(U-13以上)
競技者数 7人 ※試合開始時5人で試合成立。試合中3人以下で試合不成立 11人
交代 自由な交代 アウトオブプレーの時に審判の承認を得て交代。
ピッチ内の7人とベンチの交代要員(最大13人)が、交代ゾーン(ハーフラインより原則両側5m)にて、いつでも入れ替わることが出来る。交代要員はビブスを着用し、出場時に交代する選手に脱いだビブスを手渡しをする。交代は交代ゾーンから中の選手が出てから、入ることができる。交代ルールが守られない選手は警告となる。
キックオフ コイントスで勝った方がキックオフかどちらに攻めるかを選べる。直接ゴールを決めることが出来る。守備側はシュートアウトラインまで下がる。 直接ゴールを決めることが出来る。どの方向でもOK。
試合時間 20分ハーフ(ランニングタイム) + ATは主審の判断とする 45分ハーフ(ランニングタイム)
プレーの再開
  • ・ボールがタッチラインを超えたときはスローインで再開する。
  • ・守備側がボールをゴールラインから出したときは、コーナースローで再開する。
    コーナースローからの直接ゴールは認められない。
  • ・攻撃側がボールをゴールラインから出したときは、ゴールキーパーがペナルティーエリア(PA)内から手で投げて(ゴールクリアランス)再開する。
  • ・ボールがタッチラインを超えたときはスローインで再開する。
  • ・守備側がボールをゴールラインから出したときは、コーナーキックで再開する。
  • ・攻撃側がボールをゴールラインから出したときはゴールキックで再開する。
オフサイド 無し 有り
ファールカウント 直接フリーキックで罰せられる反則の数を、チーム毎に数えて累積する。アドバンテージもファールカウントされる。各チーム6つ目以降の反則を犯すと、シュートアウトが相手チームに与えられる。(5つ目までは反則のあった場所からの直接FKかPA内の場合はPKで再開する。6つ以降の反則で、PA内の場合は、PKとなる。5つ目でブザーを鳴らす)6つ目以降はアドバンテージをかけず、すべてシュートアウト(PA内はPK)とする。前半分のファールカウントは、後半開始前にリセットされる。 反則の数は数えない。
壁の距離 5m 9.15m
退場後の補充 補充できない 補充できない
GKへのパス サッカー同様。味方競技者から足で蹴られたパスは、手で触れられない。
手で触れると相手チームの間接FK(一番近いPA平行ライン上から)となる。
味方競技者から足で蹴られたパスは、手で触れられない。
手で触れると相手チームの間接FKとなる。
GKの違反 インプレー時、GKは自陣では手、足を問わず5秒間しかボールをコントロールできない。
保持してから5秒経過すると相手チームに間接フリーキックが与えられる。PA内の場合は、一番近いPA平行ライン上から。PA外はその地点から。
GKが手でコントロールしたボールを離した後は、相手競技者がボールに触れない限り再び手で触ることは出来ない。
秒数制限ルール
  • ・アウトオブプレー時のスローイン・ゴールクリアランス・コーナースロー・フリーキックは5秒以内に行わないと相手ボールとなる。
  • ・スローイン → 相手のスローイン
  • ・ゴールクリアランス → 相手の間接フリーキック
    ※一番近いPAに平行ライン上から
  • ・コーナースロー→相手GKからのゴールクリアランス
  • ・フリーキック → 相手の間接フリーキック
GKの手による保持:6秒ルール
試合時間内
シュートアウト
あり なし
  • ・キッカーは相手陣内のスタートライン上に、GKはゴールライン上に位置し、笛の合図とともにスタート。GKは前に出てもよい。
  • ・キッカーとGK以外は、両チームとも反対側のスタートラインに位置し、笛の合図とともに走り出してよい。
  • ・守備側が笛より先にラインを越えて入り、ゴールが決まらなかった場合はやり直しとする。反対に攻撃側が笛より先にラインを越えて入り、ゴールが決まった場合はやり直しとする。
  • ・攻撃側は5秒以内にゴールを決めると得点となる。
  • ・キッカーはパスを出すこともできる。
  • ・攻撃が5秒を超えた場合、シュートアウトは終了→GKからのゴールクリアランスで再開

    ・攻撃側のシュートがゴールを外れ、ゴールラインを割る→シュートアウト終了、GKからのゴールクリアランスで再開

    ・GKが競技のフィールド外にクリア→シュートアウト終了、相手コーナースローもしくはスローインで再開

    ・GKがキャッチした場合→シュートアウトは終了、プレーを続行。攻撃側の5秒制限ルールは解除

    ・GKおよび守備側競技者のクリアや触れたボールが味方DFへつながる場合→シュートアウト終了、インプレーとして続行。攻撃側の5秒制限ルールは解除

    ・GKおよび守備側競技者のクリアや触れたボールがキッカーもしくは攻撃側FPへ渡る→シュートアウト終了、インプレーとして続行。攻撃側の5秒制限ルールは解除

    ・GKがPA内で反則→GKは警告または退場、PKで再開

    ・GKがPA外で反則→GKは退場、シュートアウトをやり直し

    ・DFがPA内で反則→警告または退場、PKで再開

    ・DFPA外で反則警告または退場、シュートアウトをやり直し

試合引分け時のシュートアウト
  • ・引き分け時は、サドンデス(1人目から)形式のシュートアウトを行う。シュートアウトに勝利した場合には、勝ち時は勝ち点2、負け時は勝ち点1となる。

    ・キッカーはシュートアウトが行われる側のシュートアウトライン上に、GKはゴールポスト間のゴールライン上に位置し、笛の合図とともに5秒間の計測が開始される。この合図を持ってスタート。GKは前に出てもよい。

    ・キッカーと両GK以外は、両チームともシュートアウトが行われるハーフと反対側のハーフのシュートアウトラインに待機する。プレーに関与することはできない。

    ・攻撃側は5秒以内にゴールを決めると、シュートアウト成功となる。

    ・攻撃側が5秒過ぎた場合、シュートアウト失敗となる。

    ・攻撃側のシュートがゴールの枠を外れて、ゴールラインを割る→攻撃側のシュートアウト失敗

    ・GKが競技のフィールド外にクリア→攻撃側のシュートアウト失敗

    ・GKがキャッチした場合→攻撃側のシュートアウト失敗

    ・GKのクリアや触れたボールがキッカーへ渡る→5秒以内までは続行。5秒を過ぎた場合はシュートアウト失敗

    ・GKPA内で反則→GKは警告または退場、シュートアウトをやり直し

コーナースロー
  • ・コーナースロー時:スローワーの片足はゴールラインと平行に、もう一方の片足は、タッチラインと平行に、ライン外側に配置する。
    → 違反時は、相手GKからのゴールクリアランスで再開する。
警告2分間退場
  • ・警告を受けた選手は、直後に控え選手と交代をし、2分間の出場停止となる。プレー再開後から2分後に、審判の許可を得て、再入場が可能となる。
  • ・控え選手がいない場合でも、2分間の出場停止となる。
  • ・警告直後のクイックスタートは出来ない、警告選手の交代が完了してから、リスタートする。
  • ・前半終了間際に警告を受け、前半の間に2分間を消化出来ない場合は、その残り時間を後半に引き継ぐ。
不戦試合

・試合不成立による不戦試合。スコアは5-0とする。相手チーム試合費+制裁金(3万円)を負担とする。

・不戦敗1回につき、勝ち点をマイナス3する。不戦敗の申告は、試合日より8日前に報告を行う。

・1シーズン中に3回行った場合は、除名をする。(シーズン途中に除名をされた場合でも、そのシーズンの残り試合費と制裁金は全て支払うものとする)